【貸りて失敗しないように】GoProレンタルのデメリットを知っておこう!

ゴープロ(Gopro)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のサンマテオ企業Woodman Labsが所有する、探検での撮影向けのヘルメットカメラ、ウェアラブルカメラ・カムコーダのブランド。プロからアマチュアまで広く使われ、旅行やアクティビティなどで大活躍しますが、購入するには高いと感じるかもしれません。ではレンタルした方が得なのでしょうか。一見、購入よりもレンタルの方が得だと感じますがデメリットもあります。


まず使用頻度が高い方は、手続きが簡単とはいえレンタルする作業が億劫に感じるでしょう。使い終わったら期限までに返却しなければなりません。お手頃価格のゴープロもあるので購入した方が安くつき手間が省ける場合もあります。在庫切れということもあるため、余裕をもって計画を立てなければなりません。人気モデルやお目当ての機種がある方はなおさらです。連休前では人気の機種はすぐにレンタルされてしまうことも。


日数に余裕を持たせた方が良い理由は他にもあります。出かけた先で渋滞や災害に巻き込まれ、返却日に間に合わない場合、延滞料金・追加料金が取られる可能性があるでしょう。レンタル期間が3泊4日など期間が決められているショップがあります。1日しか使わない場合はレンタル日数が長く感じ、その分の料金がもったいないと思うでしょう。1泊2日や1日のみレンタルしてくれるショップもありますが、配送サービスがなく店頭引き渡しのため営業所まで出向く必要があります。1泊2日から配送サービスを行うショップもありますが、返却時間に余裕がないため、うっかり延滞料金を取られないよう気をつけなければなりません。会社によって違いがあるため、事前に調べて比較検討して下さい。他にもゴープロをレンタルしたものの操作方法がいまいちわかりにくい、付属品が入っていなかった。思ったより交換レンズのレンタル数が少なく、マイクロSDのレンタルがないなど気をつけることがあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*